様々な不動産情報を掲載しています!

不動産物件を購入する際にかかる初期費用

不動産物件を購入する際にかかる初期費用 不動産物件を購入する際にかかる初期費用として主なものは、仲介手数料、ローン諸費用、税金となります。不動産会社に仲介をしてもらった場合には仲介手数料がかかります。
3,000万円の物件ならばおよそ100万円となるので、これが最も大きなコストとなるでしょう。
「仲介手数料半額もしくは無料」といったキャンペーンをやっている不動産会社なども存在します。
一括で購入をする場合にはかかりませんが、多くの人はローンを組むのでその諸費用がかかるでしょう。団体信用生命保険の保険料などがかかることがあります。
税金は、不動産取得税、固定資産税、都市計画税、印紙代などがかかります。
固定資産税・都市計画税は購入時にはかからないと誤解をしている人がいるので注意をしておきましょう。
実は、固定資産税・都市計画税は1月1日時点での保有者に請求がいくものの、日割り計算で購入者も一部を支払うことになっている場合がほとんどです。
税金については特例が適用されることもあるので調べておきましょう。

流行りの移り変わりが激しい不動産物件

流行りの移り変わりが激しい不動産物件 不動産物件は、非常に世の中の流行に敏感な傾向があります。これは、地価がそのまま不動産の価格に影響を与えるからです。
日本では、政策や経済状況によって不動産の価格が大幅に変化する傾向にあり、流行りの土地で開発が進めば途端にその場所で価格が高騰することがあります。
例えば、特区として経済活動地域に指定されている場所は、将来的により多くの人が流れてくることが予想されるので、価格が高騰することも多いです。
一方で、現状で価格が上がっているにも関わらず、ある時を境に価格が一方的に下落することもあります。
バブル景気後の不動産などはその典型です。上記のように、日本では世の中の経済状況や政策に引っ張られて価格が高騰することも珍しくないので、現状でどの地域が流行っているのかを把握することがとても重要になります。
保有目的ではなく投資目的で購入する場合には特にこうした流行りに敏感になって取引をしなくてはならないでしょう。

新着情報

◎2017/11/27

購入する際にかかる初期費用
の情報を更新しました。

◎2017/9/20

一人暮らし向けの不動産物件
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

販売価格の決まり方
の情報を更新しました。

◎2017/5/9

よく聞く競売物件とは?
の情報を更新しました。

◎2017/3/8

物件探しは相談を
の情報を更新しました。

「不動産 費用」
に関連するツイート
Twitter